SAHRE PLACE MAGAZINE

リビタ史上初?●●のプレゼントつきパーティー

こんにちは!

このところ暖かな陽気が続き、

どこへ行くにもつい寄り道をしてしまう、

リビタのむろまちです。

まだ春の気配が漂いはじめたばかりの4月初めの夜、

シェアプレイス調布多摩川

ウェルカムパーティーに行ってきました〜!

1

この日は華金。

開始時刻が迫ってくるにつれ、

お仕事を終えた入居者さんが少しずつ集まり始めました。

スーツも脱がずに急いで駆けつけて下さる方、

ニックネームにちなんだお洋服に着替えて来て下さる方…。

みなさん楽しみにして下さっていることが分かり、

こちらもうれしくなります。

実はこの日、あるお披露目会も兼ねていたので、

入居者さん達もその時を今か今かとお待ちかねの様子。

とはいえ、これがないと始まりません…!

2

カンパーイ!

運営担当かとうがちょっと奮発したお料理を囲み、

まずは腹ごしらえです。

一緒に食べましょうよー!」と言って

お料理(ビールも!)を取り分けて下さり、わたしも輪に入れて頂きました。

思えば、みなさんとこうしてゆっくりお話しするのはわたしも久しぶり。

3

4

5

「あの時、東京での仕事が増えたので

引越し先を探してるって言ったんだけど、実はね…」

というシェア暮らしを始めたきっかけのこぼれ話。

「料理が苦手なら、あのひとにお酒を届けると良いよ。

代わりにおいしいごはんを作ってくれるから!」

という、非公式な耳より情報。

みなさんとは、いつお話ししても、

ちょっと楽しい・うれしい(おいしい?)お話が聞けるので、

物件におじゃまするといつも、帰り際の立ち話が長引いてしまいます。

恒例の自己紹介を始める頃には、

最近引っ越されてきたばかりの入居者さんも、

緊張がほどけていたようでした。

6

さて。

この日のもうひとつのメインイベントがこちら。

わたし達からの入居者のみなさんへのプレゼント、

ワーキングスペースとして使える共用空間のお披露目です!

7

フリーランスやフリーアドレスでお仕事をしている方、

目下資格のお勉強中という方も多いシェアプレイス調布多摩川

街かど広場には大きな木々がほど良い日陰を作り、

そこでは小鳥がさえずる。

多摩川そばの、自然を感じるのびのびとした環境は、

確かにぴったりかもしれません。

そんな景色を望むラウンジで、

ひとり没頭している入居者さん達の姿は

よくお見かけしていたのですが、

どうやらそこには楽しい誘惑もたくさんあるらしく、

「本当に集中したい時に使えるスペースがほしいんです…!」

とご相談を頂いたのは秋ごろのことでした。

入居者のみなさん自ら、イメージやアイディアを

寄せて下さったことがうれしくて、

空室の一部を使って期間限定オープンすることになったのです!

みなさま、大変お待たせいたしました!

これからは、お仕事・お勉強をしっかり済ませ、

ラウンジでは心置きなく楽しんで下さいね!笑

さらに…!

オーナーさんのご厚意で、シェアサイクル(なんと電動!)と

クッキング家電を中心に豪華共用備品もプレゼント!

おいしいもの好きで、季節を楽しむのが上手な入居者さん達。

これから、この家電達がそのお手伝いをしてくれることを願うばかりです。

「この後も少しだけ一緒にどうですか?」

帰りがけに頂いたお誘いに、泣く泣く首を横に振って終電に乗り込みました。

お客様をご案内している時、いつも少しだけ答えに困る質問があります。

「イベントってどれくらいの頻度で開かれているんですか?」

うーん。

入居者さん達は、日々送る日常を、

ちょっとした思いつきで豊かにされています。

サンマのおいしい季節になったから、

たくさん買って、みんなで焼いて食べてみる。

コーヒーに詳しいひとに誘われ、

一緒に早起きしてお庭でひと息ついてみる。

みなさんを見ていると、

毎日は小さなイベントであふれているように思います。

8

これまで素通りしていた魚屋さんのそばで、

これをみんなで食べたいなと思ったり、

いつもひとりで淹れていたコーヒーを、

おしゃべりしながらのむのも悪くないなと思ったり。

85人のシェア暮らしは、そんな思いつきが自然と

生まれてしまう暮らしかもしれません。

そんな毎日に興味のある方、お気軽にお問い合わせ下さい。

むろまち

INSTAGRAM