SAHRE PLACE MAGAZINE

満員御礼!多摩川を面白がる会!

こんにちは、シェアプレイス営業担当のむろまちです。

〇〇を面白がる会。

その名前になんとなく聞き覚えのある方もいらっしゃるのでは…?

今回は、2月のとある花金の夜、シェアプレイス調布多摩川で行われた

「多摩川を面白がる会」のレポートです!

3

 

そもそも、◯◯を面白がる会とは…?

街の課題など難しい課題に対して、自分ごととしてとらえ、

今までの慣例や常識にとらわれず、これからはこうだったらいいというアイディアを

プロも素人も一緒にブレストする(飲み)会のこと。

主催はYADOKARI小屋部、ねぶくろシネマなど、

多様な活動で知られる唐品知浩さんです。

IMG_1318

調布市の南端を流れる多摩川は、

サッカーや野球だけでなく花火大会・もみじ市ねぶくろシネマなど

様々な使われ方がなされている一方、

普段の生活の中で子供が河川に近づくとまだ不安で

ちょっと怖くもあって近寄りがたい存在でもあります。

今回は、多摩川・河川敷とその周辺エリアでどんな楽しみ方ができるのか?

に思いを巡らせました。

IMG_1332

この日は総勢約40名の方が参加されました!

多摩川の対岸にお住まいで、河川敷をもっと自由に使ってみたいと思っていたという方、

数年前までこのご近所で暮らしていたという方、

最近出来たこのシェアプレイス調布多摩川に興味があって。という方、

調布エリアでレストランを切り盛りされている方…。

お仕事も、ご年齢も、この街との関わり合いも、参加のきっかけもみなさん様々です。

唐品さんから会の趣旨のご説明を頂いた後、リビタのスタッフで物件もご案内。

こんなに大きなシェアハウスは初めて見た!という方も多く、

みなさん興味津々といったご様子。

IMG_1321 4

 

この後は各チームに分かれ、それぞれ持ち寄られたお酒やおつまみを口にしながら、

ブレスト(という名の飲み会!)です。

6

 

川のそばにこんな広いキッチンがあるなら、

調布野菜を調達してきて食べられるようなお料理教室は出来ないだろうか?

東京でありながら自然も多く、新鮮な野菜が食べられる

調布ならではの思いつきかもしれません。

暖かくなったら、ビッグ・テーブルを使ってランチ・パーティーでも良いかも!

5 7
IMG_1357 IMG_1343

 

かたや別のチームでは、対岸にある居酒屋「たぬきや」さんがこちらにも欲しい!

という声を発端に、海の家ならぬ川の家をつくろう!

というアイディアにまで発展していました。

名前は、あちらに対抗して「きつねや」さん?なんて楽しい会話も聞こえてきます。

河川敷のランニングロードのそばに、こんなスポットがあるってとっても素敵です。

IMG_1339

どのテーブルからも楽しいアイディアは尽きず、ここには挙げきれないくらいです。

会場となったセカンド・ラウンジは、誰かの思いつきがヒントになって、

また新しい思いつきが生まれる、そんなわくわくする空気で満ちていました。

IMG_1373 IMG_1372
IMG_1376 IMG_1375

 

実はこの日、河川事務所の方もお越し頂いていました。

河川のルールを解説して頂くと、楽しそうだったアイディアの数々の実現も

夢じゃない!という気になってきます。

これにはつい、会場も私達も浮足立ってしまいました。

オープンして初めての春を迎えようというこの時期に、夢の広がる夜でした。

この「多摩川を面白がる会」は“第1回”と銘打たれています。
これからは暖かくなって外で過ごすのが気持ち良い季節です。

次回開催が決まった際には、皆様のご参加、
はたまたアイディアの実現も、お待ちしております。

むろまち

INSTAGRAM