リビタのシェアプレイスガイド

05.リビタだからできること

リノベーションのプロだからできる。

安全・安心があってこその楽しい暮らし。
リノベーション分野で長年の実績を持つリビタでは、経験を活かした、地震・火災・事故の未然防止や対策を行っています。

リビタの危機管理・安全体制。

リビタでは、地震・火災・事故や生活上のトラブルなどの対策として、危険要因を段階別に分類し、対策を講じるとともに、生活する上でのモラル向上のための施策をあらゆる面で講じます。

1.Crisis
地震・火災・事故など生命の危機に及ぶ重大な事象の防止&対策
2.Risk
危険に遭う可能性やそのものの除去
3.Hazard
危険を起こす潜在的要因の見極め、対応
4.Moral
生活の規範となる行動と考え方の醸成

地震への対策。

古民家風やレトロ風など味わいのある建物を利用したシェアハウスも増えていますが、気になるのは建物の安全性。リビタでは鉄筋コンクリート造のシェア住宅を基本とし、第三者の建物調査・診断を行った上で必要に応じ大規模修繕工事、耐震補強工事を実施しております。

  • 火災への対策。

    リビタのシェアプレイスは全物件IHクッキングヒーターを完備。調理に火を使わず、館内を禁煙(屋外に喫煙スペースあり)とすることで、火災の発生率を軽減しています。

  • 災害発生時の対応。

    災害時の被害を最小限に食い止めるためには、ライフラインの迅速な復旧が不可欠です。電気はガス・水道に比べ復旧が早く、いざという時も安心です。

コミュニティのプロだからできる、運営&デザイン。

シェア型賃貸住宅の第一人者として、業界をリードしてきたリビタには、15棟以上の自社運営物件で培った経験があります。
それは、建物のデザイン、空間設計、運営、コミュニティが生まれるきっかけづくりに活かされています。

コミュニケーションが生まれるグッドデザイン。

シェアプレイスの共用部の中心にはキッチンがあります。食という毎日の欠かせない活動を中心に置くことで、コミュニティの活性化を図ることができるというリビタの経験から生まれたプランです。
さらに、個とコミュニティをほどよく分離する動線計画や、大人数でも少人数でも使い勝手の良い家具配置など、様々な工夫を施しています。

運営者の顔が見えるから、すぐに相談できる。

企画から運営までを一括で行っているリビタだから実現した入居者との距離感。それは、困った時にすぐに連絡できる環境へと繋がっています。リビタ主催のウェルカムパーティーや、入居者同士のイベントにも参加することで、適度な距離感を保ちながら、顔の見える関係を生み出しています。